サイクル野郎27巻

サイクル野郎27巻

あらすじ お遍路二人サイクリングの高校生、諸橋・赤沢と知り合い、二人のことを羨ましく思っていたが、おりからの台風の接近により足摺岬は暴風雨。 ふたりのさらけ出した自分勝手な醜い人間性を見せ付けられ、むなしさが残った。

 

高知では、サカモト土産店の娘のワガママに翻弄され、日本一周を店の売り物にされたり、婿養子に見込まれたりと、散々な騒動に巻き込まれる。 あげくの果てには、サユリに惚れているという男に決闘を申し込まれる。

途中、中坂峠のトンネルで前輪のハブシャフトが折れるというトラブルに遭い、自転車の手入れをサボっていたことを反省する。 トラブルに遭うと喧嘩別れした陣太郎がつくづく恋しくなるのであった。

走行ルート 徳島県(日和佐町)→高知県(東洋町→室戸岬→高知市→須崎市)
主な登場人物 坂本ユカリ 高知市で土産店を営むサカモト土産店の娘。 路上でスケートボードで遊んでいたら、輪太郎の自転車に突っ込んできたことがきっかけて知ることになった。 

前へ     もどる     次へ

 

 

 
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO