サイクル野郎24巻

サイクル野郎24巻

あらすじ 志摩半島の養護施設で働いていたナマハゲは、一時は日本一周を断念してでも養護施設に居残る決心をした。 しかし、輪太郎たちと出会い、島田先生に諭され、待ち合わせ場所の潮岬に向かって走り始めた。 しかし、悪路で雨の中、しかも夜間にライトが切れた状態で走りつづけ、120mもの崖から転落してしまい、意識不明の重態になってしまった。

偶然にもニュースでナマハゲの事故を知り、病院に駆けつけたが、もう二度と自転車に乗れない怪我であることを知り、ショックをうけた。 輪太郎も陣太郎も父親から日本一周の辞め時だろうと諭されるが、ナマハゲの分も徹底的に走ってやろうと心に決め、走り出すのであった。

走行ルート 三重県(熊野市)→和歌山県(那智勝浦市)→三重県(伊勢市)→和歌山県(那智勝浦市→潮岬→日置川町)
主な登場人物

前へ     もどる     次へ

 

 

 
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO