サイクル野郎25巻

サイクル野郎25巻

あらすじ 日置川町で野良犬のシェパードと出会い、その犬にすっかり好かれてしまい、輪太郎は「陸中」と名付け、一緒に旅をすることになった。 途中、展示会場でのガス漏れに気付いた陸中は凶暴になるが、人間はガス臭には気付かず、陸中は保健所に捉えられてしまう。 しかし、陸中は保健所からも脱獄し、もとの飼い主の住んでいる竜野市に向かった。

一人になった輪太郎は河内平野で陣太郎と再会し、四国へ渡ろうと明石のフェリー乗り場へたどり着いたが、そこで陸中と再会。 輪太郎は陣太郎と四国へ渡るのを断念し、陸中を飼い主に届けるため竜野へ向かうことにした。

走行ルート 和歌山県(日置川町→白浜→有田市→和歌山市)→兵庫県(尼崎市)
主な登場人物 陸中 岩手県から単独で竜野まで旅を続けるシェパード犬。ひょんなことから輪太郎と知り合い、旅を続けることに。

前へ     もどる     次へ

 

 

 
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO