サイクル野郎23巻

サイクル野郎23巻

あらすじ ナマハゲと別れてから、輪太郎は一人赤目四十八滝へ向かう。 滝の手前で赤目忍者サイクリング部の少年達のアジトへ招かれる。 そこは不良グループの溜まり場だったのだ。 グループのタバコの吸殻により山火事となったが、輪太郎の手柄から仲間を救い出し、不良少年達もすっかり改心した。

四十八滝では陣太郎と再会することができたが、滝めぐりの後、再度ひとり旅へ。

雨の中を伊賀上野へ向かう途中、雪の新潟で出会ったリヤカーの玉本と再会。 伊賀上野公園を二人で散策し、旅にでる。

津市で陣太郎と再会し、やはり3人でまた一緒に旅がしたいという気持ちからナマハゲとの集合場所を考える。

一方ナマハゲは、養護施設で働く美人の島田先生に見初められ、無料で大工仕事を手伝うことになる。 輪太郎たちが養護施設に立ち寄り、再会を誓うが、ナマハゲは島田先生と別れるのがつらく、旅立つことができない。 しかし、ナマハゲは島田先生から男同士の友情は大切にするよう諭され、旅立つ決意をするのだった。

走行ルート 三重県(名張市→伊賀上野市→津市→松坂市→伊勢市)
主な登場人物 赤目忍者サイクリング部 赤目四十八滝の近くに住む少年達の集まり。

リヤカーの玉本 リヤカーをひきながら日本一周をしており、雪の新潟で出会って(3巻参照)から1年半ぶりに再会。伊賀上野公園を一緒に散策する。
島田先生 伊勢の白バラ寮養護施設で働く女先生。ナマハゲが惚れてしまい、無料奉仕で大工仕事を手伝うことに。

前へ     もどる     次へ

 

 

 
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO