第17回 ルイガノグリーンカップ

第17回 ルイガノグリーンカップ

もどる

名称 第17回 ルイガノグリーンカップ
日程 平成24年5月19日
天気 晴れ   
結果 ファミリー部門4位

概要

 ここ数年の年中行事に組み込まれてた「ルイガノグリーンカップ」。 今年は第17回。 今年も参加費が1000円で、いつものS氏と一緒に我が子と走ることにした。

 なにせ晴れればロケーションは最高だし、大会規模も大きいので出店も多い。 土曜日レースなので、終わってからゆっくりと温泉とビールを楽しむことができるのも良いのである。

 

 

レースまで

 朝5時、双葉SAで起きるとS氏が隣の車で眠っている。 こうして合流すると、あとはレース開始まではいつもと同じパターンだ。 

 天気も良く、南アルプスや八ヶ岳が雪を抱いて雄大に見える。 なんと贅沢な景色なんだろう。 これで、適当に走ってあとは生ビール飲みながら観戦ができれば最高なんだが…

 

 駐車場もピットも昨年とほぼ同様な場所。 使い勝手に問題はない。 会場への移動も近いので便利な場所だ。 また、選手交代にも便利なので助かる。 4人は身支度を整えると試走に出発。

 基本的にコースは前年と同じだが、リフト下の下りで一部上り返しができていた。 これを作ったことで、その先の下りが安全に下れるようになったかも。 前年だと、スピードが着いたままリフトの大柱すれすれを通っていたので、接触転倒者でもいたのかもしれない。 おかげで、草原のスラロームで気持ち良く下れるようになった。 それから、会場入り口のスロープがなくなったので、これも安全になったと言うのだろうか。

 試走は2周。 子供たちにとっても特に問題はなく、普通に走りこなせる。 コース自体に難しいところはないし、テクニカルな部分はない。 押さなければならないような急坂もない。 こつこつと地道に走ればなんとかなるであろう。

 

 試走を終えて、召集時間を待つ間に出走順番を決めたり、補給したり。 なにげなくコースを見ていると、なんとH氏が走っているではないか。 かつての我がチームのエースである元エリートライダーだ。 その昔には、このH氏とS氏と一緒にレースで入賞したことも何度もあるようなメンバーだ。 レースには出てないと聞いていたが、こんなところで出会うとは驚きだ。 久しぶりの再会を喜び、健闘を祈る。

 

 

5時間耐久レース 〜スタート!〜

 レースのスタートはまた私。 昨年も私だったので、だれかに変わってもらおうとジャンケンしたけど結局負けた。

 スタート位置は意外にも前の方で4列から5列目あたり。 前列はスカスカなので走り出しやすそうだ。 スタート時刻を待っていると、なんと後方からH氏がやってきた。

 「なんだよ、おめ〜の脇開いてんジャンよ。 ちっと詰めてくれよ。」

 何年ぶりかの再開だが、H氏健在である。 後方からいきなり自転車を担いで隣にやってきた。 するともうスタートまでは昔話で盛り上がる。 となりの選手も一緒になって岩岳とかジョントマックとかオーバーエンドとか… そんな話で盛り上がり、スタート前の緊張感なんて全くない。

 

 

 スタートの合図とともに一斉に飛び出した。 H氏は早々に左から前の方へ抜けていく。 この辺の勝負勘は経験してないとできないよな。 久しぶりの元エリートライダーがどこまで走れるか分からないが、着いて行って自滅するのも嫌なのでマイペースで前方に上がっていく。 リフトの下を下り始めるころは、20番手くらいまで上がっていた。 無理やり抜かすような人もおらず、下手な人もいなかったので、足付くことなくゲレンデまでノンストップで下ることができた。

 それからはアップダウンの林間道。 意外にも快調に走れる。 昨年はどんどん抜かれて行ったが、思ったほど抜かれて行かない。 昨年よりは少しはましに走れているのかな。 そう思いながらも、なんとかゲレンデ脇の昇り口に出た。 なんと、すぐ前方をH氏が走っているではないか。 もう、今にも手が届きそうな位置をダラダラというか、デレデレと上っている。 舗装になるころには追いつき、しかし抜かずにプレッシャをかけてみた。 かつていじめられたように…

 ふと右手を見ると、リフトの下の下りの渋滞がようやく解消して、最終走者が抜けて行くところだ。 こんなにも差が広がっていると、挽回するのも大変だ。 スタートだけは子供に任せず、大人がさっさと抜けて行ってあげないと子供では難しそうだ。

 その先の駐車場へ折り返す地点では、妻がカメラを構えて待っていた。 ここで前に出ようと足をかけると、H氏は前を行かせまいとライン妨害。 ま、先輩だし先を譲るとして、駐車場からずっと後塵を拝し続けた。 しかし、さらにプレッシャをかけ、あおる。 「ほらほら、行きますよ〜」とオーラをむき出しにして、ピットの坂を上りはじめた。 H氏は見るからにヘロヘロ。 そのままピットに転げるように入ってしまった。 私はその横をそのまま2周回へと向かって行った。

 こうして今回は初回から2周回続けて走ることもできて、思ったよりも調子が良い。

 

 次はK。 1周と言って出かける。 試走ではダラダラで、全くやる気が見られなかったが、思った以上に頑張って走っている姿が見える。 長い上りもキチンと踏み込んで、大人の後ろを付いて走ってる。

 

 そして、S氏、Tと続く。 二人とも、1周ずつ。 ピットから双眼鏡で良く見えるので、あんまり手を抜いて走っているとバレルので脚を緩められない。 頑張るしかないのだ。

 

5時間耐久レース 

 最近はあちこちのレースにも出るようになったので、見たような顔があちこちにいる。 昨年のジンギスカップで負けたTくんとか、先週のa.b.c.で目立ってた子とか、他にも知った顔がたくさんいるのだ。 敵ではありながらも、我がチームが敵うわけもないし、クラスも違うし、目的も違うから、頑張ってる姿を見ると応援したくなる。 子供ながらに頑張ってる姿はカッコ良い。

 一方、こちらのチームは途中経過で6位だとアナウンスが入る。 いったい何チーム走ってるのか分からないけど、とにかく6位らしい。 昨年の途中経過は16位とか聞いていたので、かなり頑張ってる。

 2回目からの出走では、2周ないし3周を目安に走るようになった。 Tに至っては、一度に4周も走ると言い出した。 我が子ながら、その頑張りには驚いた。

 

 

5時間耐久レース 〜大人の失態〜

 レースも後半に入ったところで、思わぬ大転倒。

 リフト下の下りで前走者に従って下っていたところ。 上り返しの部分で前走者がいきなりストップ。 前には行かせんぞとばかりにカッコ良く下ってたから、てっきりそのまま走りきれると思ってたら飛んだ下手くそ。 「右に避けるよ。」と言いつつ抜こうとすると、なんと右に倒れてきた。 さすがに避け切れず、こっちが大転倒。 自転車もろとも1回転… 

 前走者と私のせいでコースは塞がれ、誰も抜けない。 コーススタッフも近寄ってきた。 でも、自分としては意外にも受け身がうまく取れれて痛みは皆無。 バシッと立ち上がり、前走者を置き去り早々に走り抜けた。 しかしながら、肩と腕と腰が汚れててカッコ悪い。 いかにも転倒したと書いてあるみたい。

 その先では、移動マーシャルの女性スタッフ(外人さんですよ)が、

 「コケたんですか〜?」 と、外国なまりの不思議なイントネーションで聞いてきた。 腕や腰の見えるところは払ったけど、背中はかなり汚れてるみたい…

 「オールオーケー!」 と、勢いで応えて元気に走って行きましたよ。

 

5時間耐久レース 〜まもなく終わり〜

 残り時間も1時間ほどになると、最後のライダーを考え始める。

 私→K→S氏→Tの順で走り、すでに2-1-1-1-2-2-3-4と走ってきた。 Tは最後の4周でかなりの頑張りを見せてきた。 そして、次は私が3周走って終わりだ。 残りは子供に頑張らせるか、S氏が頑張るか。

 すると、子供たちは頑張って走るらしく、その後は2-1-2とS氏は1周で遠慮し、子供たちにそれぞれ2周走らせることになった。

 最終走者のTをフィニッシュラインへ出迎え、ゴール。 おつかれさまでした。

 

 最後の頑張りもあり、子供たちも元気良くしっかりと走ってくれて、全部で24周。 昨年より2周多い結果となった。

 ファミリー部門では4位だったけど、1位とは6周回も差があって、2位、3位とも2周回も差がある。 せめて、2位3位と同一周回くらいで回れないとダメだよな。 もうちょっと練習が必要だと感じた次第である。

 

 

 ところで、ゴール後のこと…

 「途中でギアが変わらなくなってきちゃったから大変だったよ〜」とT。

 シフトなんてそうそうシンクロがずれるわけもないし、どうかしたのかと… ピットに戻って、ギヤをチェンジしてみるとレバーが落下… カバーの蓋のねじが外れて壊れてた。 なぜこうなったのか良く分からないけど、ゴール後に壊れて良かった。 

 シマノのブースがあったので持って行ったけど、「工具を持ってきてないから直せない。 買った店に持って行って。」と切ない反応。 ま、そんなもんか…

 

 

5時間耐久レース 〜その後の過ごし方〜

 レース後の楽しみは買い物。 ウェア類、手袋が欲しくて歩きまわった。 

 手袋で残ってるのは、大きなサイズと小さいサイズのみ。 幸いにも子供たちには、ぴったりサイズ。 子供向けに二つずつ買って、それでおしまい。

 

 

 買い物が終われば、次はビール。 即行でビールを買い、即行で温泉へ。 そして、コテージに着くとビールで乾杯!

 

 

もどる

 

 

 

 

 

 

 
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO