うっかり八兵衛カップ 春休み編'07

うっかり八兵衛カップ 春休み編'07

もどる

名称 うっかり八兵衛 春休編07
日程 平成19年3月25日
天気
結果 未出走
メンバー S氏、モリモリ1号、わたくし

前夜祭

 毎回毎回書いているが、このレースは、自宅から一番近いところで開催されるレースである。 しかも、耐久レースなので、複数名で走ることになる。 このため、いつも走るメンバーが前日から我が家に集まり、前夜祭と称して宴会をする 走れなかったときのための言い訳作りでもある。

 今回のレースは、メーンバー3人で1チームとして参加となった。 今回の3人は、私本人、S氏、そしてモリモリ1号。 前夜祭にはM2号もお決まりのように参加した。

今回は天気予報からして、大雨を予告しており、メンバーのモチベーションはかなり低い。 しかも、S氏はインフルエンザが完治したばかりで体調はイマイチである。 もう、飲み始めた段階から、会場に行く気にもなっていない。 M2号は早々に行かない宣言をしており、集団のヤル気はほとんどない。 その分、酒のピッチはかなり速い。

結局は、17時前から飲み始め、布団に入ったのは2時過ぎ。 約10時間にも及ぶ耐久レースは一幕を閉じた。

 

スタート ?

朝起きてみると素晴らしいほどの土砂降り! 誰もがヤル気を喪失するかのような天気である。 走る気はほとんどないが、なんとなく会場に行ってみた。 飲んだ量と睡眠時間から、なんだか飲酒運転ではないかと思うほどの状態。 なんとなく、直線の道路が曲がっているように感じた。 会場に着くと、駐車場に停まっている車の数もなんだか少ない。 本当にやるの? といった感じ。

もうメチャクチャである。 受付は済ませ、参加賞までは貰ったのだが、結局は当初の予定通り走ることは取り止め、帰宅することにした。 帰りの車の中では、後悔の念に駆られ、深く反省するのだった。 でも、ホントにすごい雨! ワイパーを動かしても、なかなか視界はスッキリとしない。 こんな中を走るほど我々は元気ではない。

 

反省

今までのうっかり生活の中で、今回は初めて走ることをやめた。 どんな状況でも、とりあえず参加して走って、そして帰ってきていた。 途中で土砂降りになったときも、オフィシャルが中止宣言を出すまでは、しっかりと走っていた。 しかし、今回はそんなモチベーションはなく、前夜から走るのをやめていた。

これまでの何年間に渡るうっかり人生の中で、とうとう連続出場記録が途絶えてしまった。 いや、参加賞は貰ったから参加したことになるのかな? 会場には行ったし。 とは言っても、やはりこの結果はちょっと寂しい。 でも、病み上がりの人もいるし、あの雨の中を走って怪我や風邪をひいても、ちょっと困るので、やはり正解だったのかと、自分を正当化してるところが、またちょっとイヤだなぁ。 

でも、あんな大雨の状態の中でレースなんて行なったら、コースはボロボロになりそうだ。 雨で地盤は緩み、タイヤで泥に溝を切っていく。 九十九の土のうなんて、ボロボロに崩れそうだし、地肌も現れて深く削られそうである。 他にも雨とタイヤでボロボロに崩れる箇所は想定できる。 なんだか、あの大雨の状態でスタートすることは、なんとなくあのコースにはダメージが大きいのではないだろうか。 コースを大事にしてきたスタッフとしては、ちょっと考えるところだったのではないか。 約70チームが出走したらしいが、それだけでも雨の中の走行ではかなりのダメージを与えたことでしょう。 この後のコース補修にもかなりの労力を要するのではないかと思われる。 なんだか複雑な心境である。

そんな状況で終わった今回のうっかり。 次回はしっかりと走れるように、元気な状態で行きたいと思う。

 

 

もどる

 

 

 

 

 

 
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO